2024年のApple Watchには血圧モニタリングと睡眠時無呼吸検出機能が搭載される予定

信頼性の高い情報源であるブルームバーグのマーク・ガーマン氏によると、2024年にAppleはApple Watchに血圧モニタリングと睡眠時無呼吸検出機能を追加する計画があると報じられています。これはAppleの健康関連の野望の一環であり、画期的な血圧センサー技術の最初のバージョンが開発される予定です。

おすすめワイヤレスイヤホンはこちら

気になる項目をクリックしてね

2024年のApple Watchに搭載されるであろう機能

  1. 血圧モニタリング
    Apple Watchの血圧モニタリング機能は、血圧の上昇傾向をユーザーに通知し、高血圧の発生時に何が起こったのかをユーザーが記録できるように設計されています。この機能は、従来のカフで血圧を測定することができる医師への相談や正確な血圧値の測定が必要な場合に指示を出すこともあります。将来のバージョンでは、より正確な数値の提供や関連する症状の診断も可能になるかもしれませんが、それはまだ開発中の段階です。
  2. 睡眠時無呼吸検出機能
    2024年のApple Watchには、睡眠時無呼吸検出機能も追加される予定です。この機能は、睡眠と呼吸のパターンを利用して、ユーザーが無呼吸症候群にかかっている可能性を推定し、医師の診察を受けるようユーザーにアドバイスします。
  3. その他の健康関連の取り組み
    Appleは血糖値モニタリングや補聴器検出機能など、他の健康関連の技術にも取り組んでいます。血糖値モニタリングは非侵襲的な方法で行われ、人々の血糖値の傾向を監視し、糖尿病のリスクを警告することが期待されます。また、AirPodsに補聴器検出機能を搭載する計画もあります。

まとめ

ブルームバーグの報道によれば、2024年に発売予定のApple Watchには血圧モニタリングと睡眠時無呼吸検出機能が追加される予定です。血圧モニタリング機能は血圧の上昇を通知し、高血圧の発生時の情報を記録できるように設計されています。睡眠時無呼吸検出機能は睡眠と呼吸のパターンを利用して無呼吸症候群の可能性を推定し、ユーザーに医師の診察を受けるようアドバイスします。

これらの新機能により、Apple Watchはさらに健康管理のツールとしての価値を高めることが期待されます。Appleは健康関連技術への投資を続けており、将来的にはさらなる機能拡張や新たな健康モニタリング機能の追加が行われる可能性もあります。これにより、ユーザーは日常的な健康状態の管理や疾患の早期発見に役立てることができるでしょう。しかし、これらの機能はまだ開発中の段階であり、正確性や信頼性の向上にはさらなる研究と開発が必要です。

って事なんですけど、まぁ、スマートウォッチの新機能といえば、どうしても身体的なデータ収集になってしまいますよね。正直コロナ禍の時は皮膚体温機能とか便利でいいなぁとか思っていましたが、落ち着いてきた今となっては・・・ねぇ。

確かに身体データを取れることは、便利であることに間違いはないのですが、何ていうんですかねぇ・・・こう・・もっとワクワクするような機能の方を搭載して欲しいな!っていうのが私の願望ですね。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになります
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になる項目をクリックしてね