iPhoneにもパンチホールが搭載される?ダイナミックアイランドからの脱却はiPhone 17からもしれない

最新のリークによると、リーカーのMajin Buによる情報によれば、iPhone Xで初めて登場したノッチの後継ではなく、パンチホールデザインをテストしているとのことです。もしiPhone 16 Proでそのデザインが採用される場合、それは2024年以降になる可能性が高いでしょう。しかし、パンチホール搭載のiPhoneが実際に登場するのは、おそらく2025年のiPhone 17でしょう。

気になる項目をクリックしてね

ダイナミックアイランドからパンチホールへの軌跡

パンチホール(Punch Hole)

パンチホールは、スマートフォンのディスプレイ上部に小さな穴が開いているデザインです。この穴は、フロントカメラやセンサーなどのコンポーネントの配置のために設けられています。パンチホールデザインは、ノッチ(切り欠き)よりもスクリーンの使用領域を最大限に活用できるという利点があります。ただし、ディスプレイの一部が欠けているため、一部のユーザーにとってはデザイン上の妥協点となる場合もあります。

フェイスID(Face ID)

フェイスIDは、顔認識技術を使用してスマートフォンのロック解除や認証を行う機能です。スマートフォンのフロントカメラやセンサーが顔の特徴を読み取り、ユーザーの顔を識別します。フェイスIDは、指紋認証などの他の認証方法と比較して、より高いセキュリティレベルを提供するとされています。また、顔を認識するだけでなく、表情や角度の変化にも対応することができます。

パンチホールデザインのテスト

Appleは現在、iPhone 16 Proのパンチホールデザインをテストしていますが、最終的には完成しない可能性もあります。具体的な詳細は来年の3月以降になるでしょう。iPhone 17までそのようなリリースは見られないと考えられます。Appleは、FaceTimeカメラや輝度センサー、Face IDなどに使用される前面センサーの領域を最小限に抑えることを目指しています。

Face IDの進化

これまでのところ、AppleはiPhoneと標準のiPhone 15のノッチを備えた3つのバージョンのFace IDを提供してきました。しかし、わずか2年で後継のパンチホールデザインに切り替える可能性は非常に低いです。現在、iPhone 16 Proではさらにコンパクトなデザインがテストされていますが、これは将来のモデルでも採用される可能性があります。

Appleのエンジニアは複数世代の製品を同時に開発しており、ティム・クックCEO率いるチームはセンサーを小型化したり、画面の下に隠したりする方法に取り組んでいます。ジョニー・アイブ氏はかつて、画面だけのフロントを持つスマートフォンを実現することを望んでいました。彼はiPhoneの発売後にそれを説明しています。

まとめ

Appleは2022年のiPhone 14 Proでダイナミックアイランドを導入する可能性がありますが、次世代モデルの開発も進められています。リーカーの情報によれば、iPhone 16 Proではパンチホールデザインがテストされており、それが実際の製品に採用されるのは2024年以降になる可能性があります。

その一方で、Appleは前面センサーの領域を最小限に抑えるための努力を続けています。Face IDの進化についても、よりコンパクトなデザインがテストされており、将来のモデルでも採用される可能性があります。具体的な詳細は来年の3月以降に明らかにされるでしょう。

Apple(アップル)
¥139,800 (2023/11/13 20:37時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると励みになります
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になる項目をクリックしてね